青森市緑にある歯科医院 [ミドリデンタルクリニック]

〒030-0845青森県青森市緑2-13-14

診療時間8:30~12:30/13:30~17:30(木 8:30~12:30 土 8:30~13:30)*休診日:日曜・祝日 tel. 017-777-3232

マスクをはした時の笑顔をがっかりさせない歯並び

青森市の歯医者「ミドリデンタルクリニック」工藤瑞恵です。

当院にお越しになる患者さまのお悩みは多岐に渡ります。

特にここ最近の新型コロナ感染拡大予防期間中に増えた患者さまは
“マスクをしているうちに治したい!”
という治療をご希望されている患者さまです。

他者さんのマスクを外した姿を見てガッカリする自分に、そして自分もそう思われているのではないか?

そう見られていたら嫌だな…って思う、

という心理的に感じたことから発生する治療のご要望です。

自分自身が心理的に感じる見た目への意識。

男女問わず、年齢問わずのお悩みですよね。

そして中でも一番ご相談件数が多いのは“歯並び”です。

笑った時の広角の上がり方だったり、顎の皺、法令線、歯の色、銀歯を白くしたいなど他のお悩みも多岐に渡ります。

例えば歯を白くしたい方はホワイトニングをお勧めしています。

銀歯を白くしたい方はセレック治療、セラミック治療がお勧めです。

さて、歯並びの治療方法ですが、当院では“インビザラインマウスピース型矯正をお勧めしております。

インビザラインマウスピース型矯正は透明で目立たないのでマスク生活中に急にマスクを外す場面に遭遇しても相手にびっくりされることもありませんし、ご自身も“ドキッ”っと焦ることがありません。

また歯並びの他に笑った時の広角の上がり方だったり、顎の皺(しわ)、法令線などお悩みを解決することが叶います。

しかし何より相談が多い歯並びについて、InstagramやTik-tokなどの沢山の画像の中で歯並びを直ぐに治せるかのように表現されている画像が沢山アップされているため、矯正にかかる時間を待てない!というお悩みのご相談を受けることがあります。

綺麗なだけを求めず、将来を見越した治療を目指している歯科医療従事者からすると、リスキーすぎて怖っ!の一言なのですが(笑)

怖っ!と思うのと同時に一般の患者さんが見たら、悩みが深ければ深いほど

“すぐにやりたい!”

“すぐに直して欲しい!!!”

って思ってしまうだろうな…という気持ちも理解できてしまうものなのです。

気持ちがわかっちゃうんです。

だから、来月までに歯並びをきれいに治したいんです!とか、仕事で会社から治してくるように言われてるんです!という患者さんの気持ち、よーくわかっちゃいます。

焦りも、辛さも、都合も。

よーく理解できてしまうからこそ、当院でもいわゆる

“あっという間に治っちゃった!”

“直しちゃおう!”

という治療は可能ですが…やろうと思えばできますが…でもやりたくありません。

「ごめんなさい」とお話させていただいてます。

なぜなら患者さまご本人の将来を考えたら決してお勧めできる治療方法ではないからです。

お勧めできない治療を提供して、数年後全部やりかえなくちゃいけない上にプラスアルファの治療も重なって、お金もかかる。さらにはまたその数年後には歯がない!食べれない!辛い!ってなることがわかっているのに、そんなハイリスキーな治療の提供はできません…。

先日のセミナーで、モデルのお仕事をされているある女性の症例検討会が行われました。

20代で所属事務所主体でセラミック矯正をし、40代になってお口の健康が害されている患者さんでした。

こんな苦労をミドリの患者さんにはして欲しくないな…と思いました。

お付き合いの入り口は治療です。

ですが、治療を終えた後は、定期的にお元気にされている姿で、プロのクリーニングを受けていただいて、

“今回も問題ありませんね。また今度。”

って笑顔のお付き合いを続けたいのです。

それなのに、先日の症例検討会のような将来の苦労や苦悩が目に見えているものを技術的には対応可能だからといってもやりたくないのです。

想像してみてください例えば、あなたがお家を建てて、お客さんから

“この柱見た目が悪いから切っちゃって!”

て言われて、その柱を切ったら大変なことが待ち受けているのを知っているのに、

“あー。いいですよ”

って切る大工さんってどうなんでしょう?

切れないよ!ってちゃんとリスクを説明し、解決方法や代案、もしくは止めてくれる方の大工さんでありたいですよね?

私はそうありたい。

だから、どうしてもやりたい!という時は「私はやるよ!」っていう歯科医院にご相談ください。

歯科医師だって、そこで働くスタッフだって、患者さんと同じ人間ですから縁あって出会った患者さまに“心”を持って接します。

自分の家族にしない治療は患者さんにももちろんしません。できません。

当院では、治療方法のカウンセリングを行なっています。

治療方法はパターンを持ってお話しします。

ただ治療方法選択の中にはベストなものと、前日の例のようなリスクが伴うものもあります。

リスクが大きければ大きいほど、患者さんの健康を考えて時にきつく、辛いお話をしなくてはいけないこともあります。

時には涙を堪えて。

私たちにとってその瞬間が何よりも辛いのです。

インビザラインマウスピース型矯正を勧める理由

当院で歯並びの矯正方法でお勧めしているのはインビザラインマウスピース型矯正ですが、なぜインビザラインマウスピース型矯正なのか?

実は矯正方法には

  1. ワイヤー矯正
  2. 舌側矯正
  3. マウスピース矯正

さらに方法やブランドなど様々あるのです。

簡単に説明すると1、2のワイヤー矯正、舌側矯正は医院が主体となって行う矯正と言われています。
なぜならワイヤー矯正を行う際に歯に付ける銀色のポチポチや針金は患者さんの都合によって外せません。
そして歯並びの設計図は担当する歯科医師の中にあるのでゴールが患者さんに見えません。
仕上がりがイメージと違ったということも多々あります。
そのため医院、歯科医師主体の矯正方法と呼ばれています。

一方、3のマウスピース型の矯正の中の1つであるインビザラインは、患者さん主体の矯正方法と言われています。
なぜならワイヤー矯正と異なり患者さんの都合でマウスピースを付けたり外したりが可能だからです。

最初に3Dカメラで患者さんの今のお口の情報をいただいて設計を開始します。
その設計図をゴールとして患者さまと歯科医師とスタッフ全員でゴールの目標設定をし、共有して矯正期間を過ごしていきます。

例えば途中で、
“先生ここの前歯をもっとこうしたいけど可能ですか?”
“都合が変わったからこうしたいの!”
という話し合いも可能なのです。

一般的に矯正期間はどんなに短くても1年から3年と言われています。
長い期間定期的に歯科医院に通っていただく治療です。
患者さまのモチベーションの変化。
進学、就職、転勤などなど人生設計の変更は様々です。
ですから患者さまと医師、医院スタッフの二人三脚でゴールを目指していけるのはとても有益だと考えています。

さて、インビザラインマウスピース矯正治療は1日のうち22時間マウスピースをはめて行う矯正治療です。

前述の通り自己管理型の矯正治療になるので、装着時間が短くなれば矯正期間が通常の矯正より長くなってしまうリスクは発生いたします。
しかしお仕事やご自身の都合に合わせて装着する、出来ないの選択をご自身でカスタマイズできる利点もあるのです。
その利点を利用して、矯正治療を行なっている方々が、芸能人の方々に多々いらっしゃいます。

よーく見てみてください、最近よくテレビでお見かけするな〜って思うお笑い芸人さんや女優さんの歯に目立たないぽちぽちがついています。
これはプライベートの時間内にインビザラインマウスピース型矯正を行いながら、お仕事の時は矯正装置無い方がいいので、矯正装置を外す治療方法を選択されているためなのです。

自己管理型のインビザラインマウスピース型矯正は、透明で目立たないのでお顔を見せること、演技、お話しすることをお仕事にされている方には今最もお勧めの治療方法であり、多くの患者さまに選択されているのです。

当院のインビザラインマウスピース矯正

当院の場合、例えばモデルさんや、アナウンサーさん政治家の方々など、見た目、お話しが必須のお仕事の都合上どうしても早い段階で歯並びを治す必要がある方には、

  1. インビザラインマウスピース型矯正スタート
  2. 歯並びがきれいに見えるマウスピースを制作しお仕事の時に装着する。もしくは外してお仕事に臨む
  3. 将来の健康も見据える

を当院ではご提案しております。

未来の健康を守りつつ用途に応じながら今のお悩みも解決に導くという方法の選択です。

さらになんと言っても治療期間の“安心”。

当院のインビザラインマウスピース型矯正は、インビザラインマウスピース型矯正プロバイダーランク最高峰!でいらっしゃる「レッドダイヤモンドプロバイダー」伊藤剛秀先生が直接患者さまとのカウンセリングを行い設計までを一貫して担当、監修している点。

レッドダイヤモンドプロバイダーを所有し、ご自身でカウンセリングから設計までを一貫して対応されているのは日本では伊藤先生だけです。
また、他のマウスピース型矯正治療では、主に技工士さんが歯列の設計・デザインを行いますが、当院で行うインビザラインマウスピース型矯正治療は伊藤先生と専任の技工士さんが設計とデザインを行なってまいります。
さらに伊藤先生が主体で設計デザインを行なっていくため、歯並びだけではなく噛み合わせの矯正も同時に行うことが可能なのです。
どうしてそんなにすごい伊藤先生みたいなすごい先生が青森に来てくれてるの?
と患者さまからのご質問を受けることが多々あります。

伊藤先生との出会いは、セミナーです。
そして偶然にも当院の院長は大学の出身。先輩後輩の間柄です。
さらに伊藤先生の出身地はお隣岩手県。
えー!!!先生!東北人なの!?って。そんなこと聞いちゃうとすごい先生なのになんか親近感湧いちゃいませんか?

全国から引く手数多の伊藤先生はそんなわけで東北をこよなく愛しておいでです。
だからこそ大都会で引っ張りだこなのに青森まで定期的に来てくださっております。

さらに今年から伊藤先生の門下生、現在プロバイダーランキング:プラチナエリートの今村佐絵子先生も来てくださっています。
審美歯科を身を持って体現していると言っても過言でない佐絵子先生はキラキラ可愛く眩しい先生のイメージが強いのですが、実はボトックス&小児矯正歯科のスペシャリストでいらっしゃいます。
また、女性歯科医師を当院にお迎えできたことにより、男性、女性どちらからの視点でも患者さまにあった治療のお話が叶うことが実現できる様になりました。

このように素晴らしいスペシャリストを当院にお迎えできていることは当院をお選びいただいた患者さまにとって治療の選択方法上とても有益だと考えております。
全国引く手数多の伊藤先生、佐絵子先生によるインビザラインマウスピース型矯正について、当院では毎月無料カウンセリングを行なっています。

カウンセリング日にご都合が合わない患者さまへはZoom対応も可能です。
20歳未満の患者さまにおかれましては親権者の御同伴をお願いしております。
ご同伴いただけない場合はカウンセリングをお断りしております。ご理解の程よろしくお願いいたします。

ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

ミドリデンタルクリニック 工藤瑞恵